業務系開発|組込系開発|ソフトウエア品質評価|ボード事業|クラウドソリューション

IoTソリューション MICROEJ

SERVICE & SOLUTION

IoT機器向け統合ソフトウェアプラットフォーム

mascot_logo_huge

MicroEJは、フランスのナントに本社をおきますIS2T社 (Industrial Smart Software Technology) により開発されました。IS2T社はMicroEJのブランド名のもと、ビジネスを行っております。

MicroEJは、ローエンドマイコンにおけるIoTデバイスの、ユニークなユーザーエクスペリエンスとモバイルインターネットビジネスの実現を目指して開発されました。クラウドを利用したセキュアで動的なアプリケーション拡張サービス、スマートフォンなどのホスト環境と同一なIoTデバイスのGUIデザイン、ホスト環境からのIoTデバイスのリモートコントロール、PC環境でのGUIプロトタイピングの作成、クラウドプラットフォームとIoTデバイスにおけるコネクティビリティーなどを実現します。MicroEJはアプリケーションの実行環境と開発環境からなり、シミュレータなどの開発環境と各種マイコンとプロセッサーに対応したBSPと共に提供されます。これらの開発環境におけるプロトタイプの迅速な開発や、ユニークな開発手法により、開発期間を短縮し、開発コストを削減します。開発環境と各種マイコンとプロセッサーに対応したBSPは、STM32 (STマイクロエレクトロニクス社)、Renesas Synergy ™, RZ, RX (ルネサスエレクトロニクス社)、Kinetis, i.MX (NXPセミコンダクター社)など多くのマイコンとプロッセッサーに対応いたします。

youtube

linkedin

twitter


MicroEJ SDK

MicroEJ SDKはMicroEJ OSとMicroEJ Workbenchから構成されます。MicroEJ OSはハードウェアに依存しないコアの実行環境で、組込みハードウェア側で実行させるBSPと共に提供されます。


MicroEJ

豊かなライブラリー群とハイレベルなJava APIのサポートにより、アプリケーションを構築し実行します。また、CやC++への拡張も可能です。MicroEJ Workbenchは、ファームウェア開発者のCとJava混在のアプリケーションをデバイス上で実行するために、MicroEJ OSの統合とビルドを可能にします。

Solution-MicroEJ

MicroEJ STORE

MicroEJ Storeは、メーカーのMicroEJが動作するデバイスの特性や仕様を公開することができます。MicroEJ搭載のデバイスのAPIを明確に定義することにより、アプリケーションデザイナーをガイドすることができ、またシミュレータやデバッグ、テスト環境等も提供することが可能です。アプリケーションはクラウドへアクセスしデータ分析など様々なサービスを展開することが可能です。エンドユーザーはスマートフォンもしくはMicroEJ Storeから直接アプリケーションをデバイスへダウンロードできます。

IOT Small Picture

MicroEJ Storeは、セキュアなモジュール提供を可能にするクラウド技術において構築されます。さらに、これらのクラウド技術は、コンテナベースのアーキテクチャ、ロードバランシング、ユーザー認証、バックアップ、ファイアウォール、QoSトラッキング、セキュアードコミュニケーションにより100万までの接続拡張性を可能とします。

End to end value chain

MicroEJ OS

MicroEJ OSは、MicroEJ SDKの一部として提供されます。MicroEJ OSはMicroEJソリューションの中核にあたり、32ビットの組込みマイコンまたは、マイクロプロセッサーにおいて、1GHz以下の周波数、1GB以下のRAM/フラッシュによって動作するスケーラブルなOSです。また、MicroEJ OSは、JavaとC/C++混在のアプリケーションの実行を可能にします。

MicroEJ OSのブートは2msと速く、ローパワーで動作するように最適化されております。OSのエンジンは、30 KB以下のフットプリントと非常にコンパクトで 、OSサービスは、ハードウェア機能とソフトウェアニーズに適用した構築ができます。これらの機能を持ったOSは、ARM Cortex-M と Cortex-Aにおいて動作し、128 KB のフラッシュと32 KBのRAMを持ったCortex-M0から、Cortex-A9までの動作を可能とします。

IS2T MicroEJ

※ MicroEJ に関するお問い合わせは system_develop@cs-service.co.jp までお願い致します。

All rights reserved.
Information, technical data and tutorials contained in this document are proprietary under copyright Law of Industrial Smart Software Technology (IS2T S.A.) operating under the brand name MicroEJ®.
Without written permission from IS2T S.A., copying or sending parts of the document or the entire document by any means to third parties is not permitted. Granted authorizations for using parts of the document or the entire document do not mean IS2T S.A. gives public full access rights.
IS2T®, MicroEJ® and all relative logos are trademarks or registered trademarks of IS2T S.A. in France and other Countries.

Java™ is Sun Microsystems’ trademark for a technology for developing application software and deploying it in cross-platform, networked environments. When it is used in this documentation without adding the ™ symbol, it includes implementations of the technology by companies other than Sun.
Java™, all Java-based marks and all related logos are trademarks or registered trademarks of Sun Microsystems Inc., in the United States and other Countries.
Other trademarks are proprietary of their respective owners.